2018.08.30

台風20号後の印地の様子 屋根の上より

台風20号による被害

台風20号がこちらに近づく前日から風が強い。

パリーンという音がしたと思ったら、ガラスが割れていました。2階の窓は、全部木製建具でガラスも一番薄い物が入っているらしく、風圧でも割れかねない物らしいです。でも、風だけでガラスが割れるなんて。。。
ガラス屋さんに来てもらってすぐに修理しました。

台風20号が通過する当日は、2階の雨戸を全部閉めて待ち構えました。

2階の雨戸を閉めて、完全防備で台風20号に備える藤原邸

翌日、大丈夫かな~と思いながら、藤原邸のある集落に来てみると、亀岡の名木にも指定されているムロノキが倒れているのが目にはいりました。
ムロノキにしては背が高く、地域でも大切にされている木なので残念でなりません。どうにか、生き続けてほしいです。

台風20号で倒れた梅田神社の名木ムロノキ

藤原邸は大丈夫かなと建物を見てみると、大屋根の胸瓦が一部ずれているのが見えました。上って確認してみると、1枚割れていました。。。

台風20号が原因でずれてしまった棟瓦

家の中に入ってみると、1階の奥の部屋のガラスが割れていました。2階の雨戸のレールが古くなっていたようで、せっかく閉めた雨戸が落下。1階の窓ガラスに当たって割ってしまったようです。これで二日連続、ガラス屋さんを呼ぶ羽目に。。。

雨戸が当たってガラスが割れた1階の窓

井戸水の蛇口をひねってみると、コーヒー色の水が永遠とコップに注がれつづけました。大雨の後は、だいたい濁りますが、数日でまたいつもの透明で美味しい水が戻って来ます。

台風で、藤原邸にこんなに被害が出たのは初めてかもしれません。でも、この程度済んでよかったのかなと思いました。。。

コメントを残す