建物の壁にできたツバメの巣

今年は、初めてほぼ同時期に、藤原邸の敷地内にツバメの巣が三つもできました。

『親鳥が巣の中で、じっとしているな~』

『卵を温めてるみたいだな』と思ったら、ある日突然巣がからっぽに!

牛乳パックで補強したツバメの巣

この巣は、重さに耐えられずか乾燥しすぎてか落下してしまったので、牛乳パックに入れて、再度同じ場所に取り付けました。

その時は、ヒナやまだ孵化していない卵が中になり、牛乳パックの巣になっても親が子供の世話をしているようでした。

この巣もある日突然空っぽに・・・

 

先日、藤原邸の室内で蛇が出ました。びっくりしたし、こんな風に簡単に壁を登ります。

室内に出たアオダイショウ

やはり、ツバメの巣が空になる犯人は蛇なのかなと思います。

自然界厳しいです。

蛇も必死、ツバメも必死。

でも、来年は、少しツバメに肩入れして、蛇対策を練ってみようかなと思っています。

令和元年のツバメの巣

ツバメの巣

2019/05/14 ブログ:藤原邸徒然日記

令和元年のツバメの巣

令和元年の藤原邸のツバメの巣は、ちょっといつもと違います。

例年は、レストラン淳の厨房の窓の上にツバメの巣ができるのですが、今年はそちらは使われず、建物と蔵の間を通路を入った奥の倉庫の中の電灯の笠の上に作っています。

「こんなところ、うまく巣ができるのかな」と眺めていましたが、ツバメの巣って意外と軽量でがっちりしてるのですね。

先日から抱卵も始まっています。

ここ2年ほど、何者か?おそらく蛇かな?に襲われて、ヒナが巣立ってないので、今年こそは育ってほしいです。

ここなら大丈夫だといいのですが。

門の天上にできたツバメの巣

そして、なんとびっくり気づいたら、門の天上にも新しいツバメの巣が!

今年は、敷地内に二つもツバメの巣ができています。

まだ抱卵は始まっていませんが、なんとかこちらの方も無事巣立ってほしいなと思います。

2019/04/26 藤原邸の日常

ゲストハウス藤原邸 春の景色

梅田神社のケヤキ
新しい葉っぱが付きだした梅田神社のケヤキ
親戚の方が花山椒を摘みに来られました
近所の方にいただい薪を積みました。次の冬用です。
雑草が・・・
電動草刈り機で刈りました。少しましに
今年最初の第1ツバメです。今年はいつもと違うところで巣作りを始めています
伊勢大神楽

 

藤原邸にも、春のいつもの景色が返ってきました。

焼き芋と暖炉

2019/02/26 藤原邸の日常

今年も焼き芋を焼きました

さつまいもの旬は、10月から1月頃までということで、この時期になるとスーパーに行っても芋の値段は高めだし、あまりいい芋にも出会えません。

今回、焼いた芋は、シルクスイートと言う種類で、「2本で500円ぐらいしたよ」とオーナーがおっしゃってました。

今回は新聞ではなくキッチンペーパーに包み水でぬらしてからアルミホイルで包み、暖炉の中で焼きました。

藤原邸の焼き芋の作り方
シルクスイートの焼き芋

いい感じに焼けています。もうちょっとトロトロになるまで焼いてもよかったのですが、今回は早めに暖炉から出しました。

ねっとりして密のような甘みがありあって、んまい^^