2017.02.27

茹でた大豆

ゲストハウス藤原邸の台所で、味噌作り

オーナーの所属されている体操教室のメンバーの皆さんが、藤原邸の台所を利用し、味噌作りを行われました。

大豆作りの作業風景

大豆を茹でて、つぶす。つぶした大豆と塩と麹を混ぜたものをまんべんなく混ぜ合わせる。そして寝かせる。

言葉にすると簡単な作業に聞こえますが、みなさん1日作業をされていました。

なかなかの重労働です。

苦労は、半年後にむくわれ、美味し味噌が出来上がるそうです。

保存される前のお味噌の団子

ゲストハウス藤原邸の台所、こんなふうにも利用されています。

昔ながらの田舎の家の台所ままですが、数人で料理を作ったり、会食したり、気軽に使ってもらえるとうれしいです。

コメントを残す