ツバメの巣

2019/05/14 ブログ:藤原邸徒然日記

令和元年のツバメの巣

令和元年の藤原邸のツバメの巣は、ちょっといつもと違います。

例年は、レストラン淳の厨房の窓の上にツバメの巣ができるのですが、今年はそちらは使われず、建物と蔵の間を通路を入った奥の倉庫の中の電灯の笠の上に作っています。

「こんなところ、うまく巣ができるのかな」と眺めていましたが、ツバメの巣って意外と軽量でがっちりしてるのですね。

先日から抱卵も始まっています。

ここ2年ほど、何者か?おそらく蛇かな?に襲われて、ヒナが巣立ってないので、今年こそは育ってほしいです。

ここなら大丈夫だといいのですが。

門の天上にできたツバメの巣

そして、なんとびっくり気づいたら、門の天上にも新しいツバメの巣が!

今年は、敷地内に二つもツバメの巣ができています。

まだ抱卵は始まっていませんが、なんとかこちらの方も無事巣立ってほしいなと思います。

2019/04/26 藤原邸の日常

ゲストハウス藤原邸 春の景色

梅田神社のケヤキ
新しい葉っぱが付きだした梅田神社のケヤキ
親戚の方が花山椒を摘みに来られました
近所の方にいただい薪を積みました。次の冬用です。
雑草が・・・
電動草刈り機で刈りました。少しましに
今年最初の第1ツバメです。今年はいつもと違うところで巣作りを始めています
伊勢大神楽

 

藤原邸にも、春のいつもの景色が返ってきました。

焼き芋と暖炉

2019/02/26 藤原邸の日常

今年も焼き芋を焼きました

さつまいもの旬は、10月から1月頃までということで、この時期になるとスーパーに行っても芋の値段は高めだし、あまりいい芋にも出会えません。

今回、焼いた芋は、シルクスイートと言う種類で、「2本で500円ぐらいしたよ」とオーナーがおっしゃってました。

今回は新聞ではなくキッチンペーパーに包み水でぬらしてからアルミホイルで包み、暖炉の中で焼きました。

藤原邸の焼き芋の作り方
シルクスイートの焼き芋

いい感じに焼けています。もうちょっとトロトロになるまで焼いてもよかったのですが、今回は早めに暖炉から出しました。

ねっとりして密のような甘みがありあって、んまい^^

まほろば・亀岡かわひがし展示の様子

京都府景観資産として登録されている川東地区をパラグライダーに乗り空から撮影した風景を展示する写真展です。

撮影されているのは、日向工房の柳田さんです。以前にゲストハウス藤原邸のある印地の風景を空から撮影した写真をこのブログに提供して頂いたことがあります。

写真展では、亀岡川東地区の空撮写真を中心に、この地域の四季折々の風景が展示されていました。

かなりの高さから撮影されているようで、 横に長い川東地区が1枚の横長写真の中に収まっています。

空から自分たちの暮らす町を見ることってなかなかない機会です。

「まほろば・亀岡かわひがし」は 亀岡川東学園 絆空間 開催されています。

残り2日です。本日、2/19(火)18時までと、明日2/20(水)8:30~12:00です。