いがぐり

2019/09/25 藤原邸の日常

栗拾い

栗拾いをしました。

いつも暖炉用の薪を下さる近所にお住いのじゅんじーの栗林です。

栗林

早生栗という種類だそうです。

売り物にならないのか、普段あまり拾わない栗だそうです。

でも、とてもりっぱな栗の実がたくさん取れました。

バケツいっぱいの栗

庭にいた大きなトノサマガエル

2019/08/26 藤原邸の日常

庭の主を発見

この辺も、急に涼しくなってきました。

午前中だと、扇風機をつけるのを忘れるぐらいです。

このまま秋になっていくのでしょうか。

今日はすごくいい天気ですが、明日からまた曇りがちになるようです。

更に温度が下がるかもしれませんね。

 

ところで、庭の草刈りをしていたら、主に遭遇しました。

以前から、カエルはいたのですが、こんなに大きいのは初めてです。

大人のこぶし大ぐらいはありました。

トノサマガエルだと思うのですが、wikipediaで調べてみたところ、

体長はオスが38-81mm、メスが63-94mmほどで、メスの方がオスより大きい。

トノサマガエル

とありました。

おそらくメスでも最大サイズなのではないでしょうか。

ここの庭、そんなに食べ物が豊富なのだろうか?

流水で冷やす夏野菜

2019/08/19 藤原邸の日常

藤原邸の畑で採れる野菜

毎日暑いですね~。

と言っても、ここは緑に囲まれた場所なので、街中よりはだいぶ増しなのだと思いますが。

やっぱり暑い。

藤原邸から徒歩3分のところに副オーナーが世話をされている畑があります。

毎日、たくさんの野菜が実ります。食べきれないほどです。

朝、畑へ行って食べる分だけ採り、お昼ごはんの材料にしたりしています。

しばらく、行かないとキュウリなどは通常サイズの2倍~3倍になってたりしするぐらい実っています。

トマトは、パスタの材料になるし、キュウリは浅漬けに。

たいへん助かっています。

とうがらし

 

ミニトマト

 

なす

 

きゅうり

建物の壁にできたツバメの巣

今年は、初めてほぼ同時期に、藤原邸の敷地内にツバメの巣が三つもできました。

『親鳥が巣の中で、じっとしているな~』

『卵を温めてるみたいだな』と思ったら、ある日突然巣がからっぽに!

牛乳パックで補強したツバメの巣

この巣は、重さに耐えられずか乾燥しすぎてか落下してしまったので、牛乳パックに入れて、再度同じ場所に取り付けました。

その時は、ヒナやまだ孵化していない卵が中になり、牛乳パックの巣になっても親が子供の世話をしているようでした。

この巣もある日突然空っぽに・・・

 

先日、藤原邸の室内で蛇が出ました。びっくりしたし、こんな風に簡単に壁を登ります。

室内に出たアオダイショウ

やはり、ツバメの巣が空になる犯人は蛇なのかなと思います。

自然界厳しいです。

蛇も必死、ツバメも必死。

でも、来年は、少しツバメに肩入れして、蛇対策を練ってみようかなと思っています。

令和元年のツバメの巣