2018.02.09

火の付かない暖炉

暖炉の火が燃えない日

ここ数日、最低気温はマイナスですが、陽が昇ると温度が上って外はわりと温かいです。

古民家の特製なのでしょうか、外より室内の方が温度が低いなんてことがわりとよくあります。

特に、暖炉のある部屋は元々は土間だったからなのか、とてもよく冷えます。

こういう日は厄介なんです。

暖炉が全然燃えません。

温かい空気の方が密度が低く軽い。温かい空気は上に昇って行きます。

暖炉は、この原理を利用して、火を燃やしています。(煙突効果、もしくはドラフト効果)

外の気温が室内の温度より低いと、煙突がどんどん温かい空気を吸い上げるのでよく燃えます。

しかし、外の気温の方が室内の温度より高いと、火がなかなか大きくならず、暖炉内も温まらず、煙突が全然空気を吸い上げてくれません。煙突から空気が逆流して、中で煙がぐるぐる回ることもあります。

寒いのに全然燃えない。

これが、古民家で暖炉を焚く時のジレンマのひとつです。

i pad でさらさらと描いてもらった、藤原邸の暖炉の絵です♪ これはよく燃えていた日のイラストです。

暖炉で沸かしたお湯でいれるコーヒーはとても美味しいです。

暖炉のイラスト by   ipad

コメントを残す